Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽「マリオアプリ」、5年間に6500件超 - Android版「スーマリラン」の便乗攻撃にも注意を

2016年にリリースされ、注目を集めたiOS版に続き、スマートフォン向けゲームアプリ「Super Mario Run」のAndroid版が2017年3月にリリースされた。同アプリの人気に便乗した不正アプリが出回るリスクがあるとして、セキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

トレンドマイクロによれば、同社クラウド基盤で2012年から2017年3月にかけて約5年間に観測した任天堂のキャラクター「Mario Mario」の人気へ便乗する不正なアプリは6500件以上。2017年以降だけで400件以上が確認されているという。

サードパーティのサイトで、正規ソフトと同じ「Super Mario Run」として配布されていた偽アプリが少なくとも34件存在。正規アプリと勘違いしてこのような悪質なアプリをインストールしてしまい、アクセス権限を与えてしまうと、連絡先や電話番号、位置情報、ショートメッセージなどが窃取されるおそれがある。

また「Google Play」を起動した際に、クレジットカードの入力を求めるポップアップ画面を表示するアプリも存在。同社が検出したケースでは、クレジットカード情報を入力しないと先に進めくなるしくみで、セキュリティコードを含むクレジットカード情報や個人情報を入力させようとしていた。

「Angry Birds」「Pokémon Go」など、同アプリ以外にも人気アプリに便乗する悪質なアプリがサードパーティのサイトで配布されるケースはたびたび確認されており、Google Play以外の信頼できないサイトより不用意にアプリをインストールしないよう同社では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏