Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Word文書内でダブルクリックを指示、マルウェア感染させる攻撃 - 「請求書」など偽装

日本語のWordファイルを添付したメールによる攻撃が、3月下旬から4月にかけて観測されている。添付ファイル内をさらにダブルクリックさせるのが特徴で、別のマルウェアをダウンロードさせる手口だった。

20170413_ka_001.jpg
文書内でダブルクリックを求めるWordファイルの例(画像:カスペルスキー)

カスペルスキーによると、3月下旬に確認されたメールは、「支払請求書」「勘定書き」「直話」などの件名で、Wordファイルを添付していた。

ファイルの内容は、「あなたが領収書を見たい場合は、文書をダブルクリックしてください」という文章とともに「ドキュメント」のアイコンを表示。

指示に従ってアイコンをダブルクリックすると、「.lnkオブジェクト」が実行され、マルウェアへ感染させようとするしくみだった。

類似した攻撃は、4月に入ってからも確認されているが、マルウェアをダウンロードするためのしかけが、「.lnkオブジェクト」から「JavaScript」に変更されるなど一部差異が見られたという。

今回の攻撃では、メールや添付ファイルに不自然な日本語の表現もあり、慎重に確認すれば防ぐことができるとして、注意するよう求めている。

(Security NEXT - 2017/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
「WordPress」のOAuth認証プラグイン2件に認証回避の脆弱性
WP向け人気フォームプラグインの関連プラグインにCSRFの脆弱性
MSDTのゼロデイ脆弱性、悪用拡大中 - 「QBot」の拡散にも
WP向けプラグイン「Modern Events Calendar Lite」に脆弱性 - 修正されるもWordPress.orgでの提供は中止に
WordPress向け連絡先管理プラグインに深刻な脆弱性
WP向けアクセス解析プラグインにXSSの脆弱性
WordPress向けのテーマやプラグイン「Jupiter」に深刻な脆弱性