Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む書類が盗難被害 - 兵庫県の郵便局

兵庫県の住吉簡易郵便局において盗難が発生し、顧客情報が記載された書類や現金が盗まれたことがわかった。

日本郵便近畿支社によれば、4月6日未明に同局内へ何者かが侵入し、顧客情報含む書類と現金を持ち去られる盗難が発生したもの。

2015年4月1日から2016年3月31日までに取り扱った振替や公金の払い込みに関する郵便局の控えなど書類89件が被害に遭った。顧客78人分の氏名や住所、送金先の口座番号、取引金額などが含まれるという。

(Security NEXT - 2017/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校よりレターパックで送付された申請書類が所在不明 - 東京都
児童相談所で児童の住民票が所在不明に - 福岡県
認定農業者に調査票を誤送付、名簿の宛名と住所にずれ - 三重県
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
新生児訪問事業の記録票、ポスト投函後の所在わからず - 杉並区
郵便物の配達控約2.1万件が所在不明 - 前橋市の郵便局
都内郵便局で車両火災 - ゆうパック約1000件が被害
奨学金の催告状を別の住所へ送付 - 三重県教育委員会
従業員が顧客データベースを私的利用 - 北都銀
約6年分の現金書留控えを紛失 - 神奈川県内の郵便局