Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、産業サイバーセキュリティセンターの運用を開始 - 模擬プラント演習なども

情報処理推進機構(IPA)は、2月に発表した産業サイバーセキュリティセンターの運用を開始した。重要インフラや産業基盤に対するサイバー攻撃への防御力強化を目指し、活動を展開していく。

20170403_ip_001.jpg
センター発足後の組織図(図:IPA)

同センターでは、社会インフラや産業基盤へのサイバー攻撃に対する防御力を高めるため、人材育成や制御システムの安全性検証、攻撃情報の調査、分析などを行う。

なかでも人材育成事業では、7月より「中核人材育成プログラム」を開始する予定。

情報系システムから制御系システムまでを想定した模擬プラントを設置。安全性の検証や早期復旧の演習を行う。

社会インフラや産業基盤事業者において、必要なセキュリティ対策を判断できる人材の育成に向けたプログラムを提供するほか、経営層や部門長、責任者に対してサイバーセキュリティ対策の必要性を啓発するトレーニングプログラムを提供していく。

(Security NEXT - 2017/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
Accenture、重要インフラセキュリティのRevolutionary Securityを買収
重要インフラ事業者向けに在宅端末の無償リスク評価サービス
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ