Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、重要インフラや産業基盤分野のセキュ人材育成で受講者募集

情報処理推進機構(IPA)は、4月に「産業サイバーセキュリティセンター」を設置する。7月には経営課題の側面からセキュリティ対策を捉えることができる人材の育成に向けて教育プログラムをスタートさせるとしており、2月20日より受講者を募集する予定。

同センターは、重要インフラや産業基盤分野におけるセキュリティ強化に向けた事業。人材育成をはじめ、制御システムのリスク評価、攻撃の可能性を踏まえた対策の立案、脅威情報の収集、攻撃手法の調査などを進める。初代センター長には日立製作所の取締役会長兼代表執行役である中西宏明氏が就任する。

人材育成については、経営層や部門長、責任者などを対象とした「短期プログラム」と「中核人材育成プログラム」を提供するとし、7月より「中核人材育成プログラム」を開始する予定。

「中核人材育成プログラム」では、システムの安全性や信頼性を評価し、サイバー攻撃のトレンドを踏まえた上で組織幹部に対してセキュリティ上のリスクや戦略立案について説明できる人材の育成を目指すとしており、すでに30社以上が教育プログラムへの参加を表明しているという。

カリキュラムは、「IT」や「制御技術(OT)」はもちろん、「ビジネススキル」「マネジメント、リーダーシップ」「倫理、規範、法制理解」などで構成されれおり、模擬プラントを用いた演習や、攻撃防御の実践、攻撃情報の調査、分析なども行っていく。

20170208_ip_001.jpg
中核人材育成プログラムの実施計画(図:IPA)

(Security NEXT - 2017/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ラック、北九州にセキュリティ事業の技術拠点
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
セキュリティの専門家がいる企業は65% - 国内では51%
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳