Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、クラウドの脆弱性にCVE番号を発行 - 透明性確保を目指す

マイクロソフトは、同社クラウドサービスにおいて重大な脆弱性が発見され、修正した場合にCVE番号を採番する試みを開始した。透明性の確保が目的としている。

クラウドサービスに脆弱性が判明した場合も、クラウド側だけの対応で完結し、利用者側でパッチや緩和策の実施など、アクションを必要としないケースでは、同社に限らずこれまでの慣例で、積極的に情報開示が行われてこなかった。

同社はクラウドサービスが必要不可欠となるなか、透明性の確保が求められていると説明。利用者側における対応が不要とされる場合であっても、クラウドサービスに重大な脆弱性が見つかった場合にはCVE番号を発行することにしたという。

脆弱性の公表を受けて特に利用者がアクションを講じる必要はないが、情報共有を通じて同社やパートナーにおける学習、さらなる改善を促し、重要インフラの安全性、レジリエンスの向上を目指すとしている。

早速同社では、現地時間6月27日に「Microsoft Dataverse」に関する脆弱性「CVE-2024-35260」のアドバイザリを公開。同脆弱性が解消済みであることを明らかにした。

(Security NEXT - 2024/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
Atlassian、複数製品でのべ11件の脆弱性に対応
「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ