Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の6割、従業員教育「実施していない」 - セキュリティポリシー用意は14%

セキュリティ関連の被害を防止するための施策として、セキュリティポリシーの文章化を行っている企業は14%。従業員20人以下の小規模企業は8.2%と1割に満たない。一方100人以下の企業は17.8%、101人以上の企業は46.6%と規模が大きいほど割合が大きくなる。

IT投資を実施している企業のうち、セキュリティ対策関連の投資を行っている割合は79.4%。小規模企業が77%、100人以下の企業が80.4%、101人以上の企業が86%だった。

セキュリティ対策の投資を行っていない理由では、「費用対効果が見えない」が20.6%で「どこからはじめたらよいかわからない(20.2%)」「コストがかかりすぎる(17.8%)」が続く。小規模企業では、「どこからはじめたらよいかわからない」との回答が23.7%ともっとも多かった。

従業員のセキュリティ教育を「実施していない」割合は60.8%で、小規模企業に限定すると70.5%だった。実施率がもっとも高いのは「メールや掲示板による関連情報の周知」で24.9%。「社内の研修や勉強会」も17.3%が実施している。

(Security NEXT - 2017/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も
政府、中小企業向けにテレワークセキュ対策の手引 - 予算少ない組織も想定
中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も
「情報セキュリティ対策支援サイト」を刷新 - IPA
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差
中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」