Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の6割、従業員教育「実施していない」 - セキュリティポリシー用意は14%

中小企業の6割は、従業員に対してセキュリティに関する教育を実施していないことがわかった。セキュリティポリシーを文章化している中小企業の割合は14%に過ぎず、従業員20人以下の場合は、8.2%と1割に満たないという。

情報処理推進機構(IPA)が中小企業を対象に実施したセキュリティ対策に関する実態調査で明らかになったもの。

2016年10月から2017年2月にかけて、郵送やウェブによりアンケート調査を実施。従業員300人以下の中小企業の経営層3000人のほか、ITやセキュリティの担当者558人、一般社員594人などあわせて4318人が回答した。

自社のセキュリティ対策について十分であるか尋ねたところ、肯定的な回答は39.3%。規模別に見ると、従業員20人以下の小規模企業で36.1%、100人以下の企業で41.9%、101人以上の企業で52.2%だった。

セキュリティ対策の専門部署または担当者がいる割合は38.4%。小規模企業は27.8%、100人以下の企業は47.9%、101人以上の企業は72.4%だった。

20170403_ip_003.jpg
自社の情報セキュリティ対策は十分だと思うか(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2017/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

地方で「SECURITY ACTION制度」の紹介セミナー開催 - ライブ配信も
政府、中小企業向けにテレワークセキュ対策の手引 - 予算少ない組織も想定
中小へ専門家無償派遣でセキュ対策推進 - 継続指導に課題も
「情報セキュリティ対策支援サイト」を刷新 - IPA
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%