Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改正個人情報保護法、3割強は全面施行までに対応まにあわず

5月30日に改正個人情報保護法が全面施行となるが、それまでにシステムやプライバシーポリシーの修正が完了する企業は、7割弱にとどまることがわかった。

20170331_jp_001.jpg
改正個人情報保護法への対応状況(グラフ:JIPDEC)

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)とITRが、従業員50人以上の国内企業2000社におけるITおよび情報セキュリティの責任者を対象に、1月24日から31日にかけてインターネットによるアンケート調査を実施したもの。653社が回答した。

改正個人情報保護法の影響について、73.1%がシステム環境またはプライバシーポリシーのいずれかに変更や修正が必要と認識。

それら企業において、調査時点で対応が完了している企業は22%。「全面施行までに完了の見込み」とする46.3%をあわせても68.3%と7割に届かなかった。のこる3割強は全面施行時までに対応が完了しないという。

(Security NEXT - 2017/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINEヤフー、個情委に報告書を提出 - 進捗状況知らせるページも
個情委、「LINE」情報漏洩でLINEヤフーに勧告 - 「ヤフオク!」に関する指導も
サポート詐欺への対応不備で長野県教委に行政指導 - 個情委
約596万人分の個人情報持出、NTTドコモらに行政指導 - 個情委
個情委、NTT西子会社2社に是正勧告 - 業務継続する現在も体制不十分
個情委、オプトアウト届出事業者3社に行政指導 - 「転売屋」に販売も
個情委、野辺地町に行政指導 - 管理不備や報告遅滞で
「サイバーセキュリティ関係法令 Q&Aハンドブック」が改訂
住民票の誤交付問題で富士通Japanに行政指導 - 個情委
内閣サイバーセキュリティセンターにゼロデイ攻撃 - 公知後も対策に至らず