Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改正個人情報保護法、3割強は全面施行までに対応まにあわず

5月30日に改正個人情報保護法が全面施行となるが、それまでにシステムやプライバシーポリシーの修正が完了する企業は、7割弱にとどまることがわかった。

20170331_jp_001.jpg
改正個人情報保護法への対応状況(グラフ:JIPDEC)

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)とITRが、従業員50人以上の国内企業2000社におけるITおよび情報セキュリティの責任者を対象に、1月24日から31日にかけてインターネットによるアンケート調査を実施したもの。653社が回答した。

改正個人情報保護法の影響について、73.1%がシステム環境またはプライバシーポリシーのいずれかに変更や修正が必要と認識。

それら企業において、調査時点で対応が完了している企業は22%。「全面施行までに完了の見込み」とする46.3%をあわせても68.3%と7割に届かなかった。のこる3割強は全面施行時までに対応が完了しないという。

(Security NEXT - 2017/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタルマーケ担当者、半数強が改正個情法の詳細知らず
改正個人情報保護法へ対応、施行時点で1割強が未対応
PPAPメール、14.4%が受信を禁止 - 今後3割が禁止予定
遺伝情報用いる事業分野の個人情報保護ガイドラインが改正
個情委、破産者情報サイトの運営者に命令 - 違反すれば刑事告発も
個情委、改正個人情報保護法の周知に向けて特集ページを公開
政府、「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」を改訂
個人情報保護法改正や越境問題をテーマにセミナー開催 - DBSC
監査関係者向けに「プライバシーガバナンス」のセミナー - 「プライバシー・バイ・デザイン」提唱者も登壇
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強