Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サポート詐欺への対応不備で長野県教委に行政指導 - 個情委

個人情報保護委員会は、相次いでサポート詐欺の被害が発生した長野県教育委員会に対し、技術的な対策や発覚後の対応に問題があったとして個人情報保護法に基づく行政指導を行った。

同県では、8月9月に県内2校で偽の警告メッセージにだまされるサポート詐欺の被害が発生。攻撃者の指示に従い、校務用端末に遠隔操作ソフトを無断でインストールしたため、個人情報が漏洩するおそれが生じた。

端末には、生徒の氏名、生年月日、住所、成績、生徒指導や進路指導に関する資料のほか教職員の氏名など1万4231人分の個人情報が保存されていた。

個情委は同問題において、校務用端末にソフトウェアのインストールを制御する機能が備わっていたにもかかわらず設定されておらず、教職員がインターネット上からソフトウェアをインストールできる状況にあったと問題を指摘。

両事案とも発生から数日後には同県を通じて事態が公表されているが、個情委へ確報が提出されたのは発覚から82日目で規定された期間内に報告は行われていなかった。こうした状況を踏まえ、個情委では技術面、組織面の両面で安全管理措置に不備があったと判断した。

(Security NEXT - 2024/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市