Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の内部不正、発覚事案の1割弱が情報漏洩

中小企業における内部不正の実態調査で、発覚した不正の8.6%が故意の情報漏洩だった。

エフアンドエムが、同社のサービス提供先である国内の会員中小企業を対象に、内部不正の実態調査を行ったもの。調査期間は2016年6月1日から8月31日までの間で、328社が回答した。

自社の不正実態について、29%(93社)が「発覚あり」と回答。「おそれあり」は21%(68社)で「おそれなし」は50%(161社)という結果だった。

従業員数別で「発覚あり」の割合がもっとも高かったのは、「101人以上」の企業で4割を超えた。従業員数が多いほど、「発覚あり」の割合が高くなる傾向が見られた。業種別では、「飲食業」「小売業」で「発覚あり」の割合が高くなった。

「発覚あり」と回答した93社を対象に、不正の内容について調査したところ、「横領」が半数を占めて最多。一方、「故意の情報漏洩」は8.6%で8件で、「サービス業」「製造業」で高い傾向が見られた。

(Security NEXT - 2017/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
重要インフラ事業者に情報共有求める、鍵となる10要素も - CISA
IPA、内部不正防止ガイドラインを改訂 - テレワーク増加も反映
2021年4Qのクレカ不正利用被害は約93億円 - 前四半期から14.6%増
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
改正個人情報保護法へ対応、施行時点で1割強が未対応
セキュリティ経営ガイドラインのプラクティス集に改訂版
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験