Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月はマルウェアが急増、前月の3倍に - 「Kovter」が活発化

2月はマルウェアのあらたな亜種が急増し、前月の約3倍にあたる9410万件が観測された。一方、ウェブ経由の攻撃は減少している。

20170316_sy_001.jpg
新種マルウェアの推移

米Symantecが2月の観測状況を取りまとめたもの。あらたに観測されたマルウェアの亜種は前月の3290万件から、約3倍となる9410万件に急増した。

2016年10月の9610万件に次ぐ規模となった。背景には、「Kovter」の活発な動きがあるという。

モバイル端末を狙うマルウェアのあらたなファミリーは確認されていないが、60件の亜種が観測された。なかでも端末をロックするランサムウェア「Android.Lockdroid.E」は、音声認識のAPIを利用し、解除コードを音声で入力するよう求める亜種や、QRコードを表示してスキャンするよう求める亜種などが確認されている。

(Security NEXT - 2017/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
「Mirai」によるパケットが増加 - 送信元の多くで防犯用映像記録装置が稼働
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
5月に勢い増した「Emotet」 - 海外にくらべて高い国内検知率