Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「セキュキャン2017」会場の事前確認公募を開始

情報処理推進機構(IPA)は、「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」で使用する会場について、事前確認公募を行っている。

同大会は、サイバーセキュリティに関する知識や技術の習得を目的とした学生対象の合宿イベント。2004年度より毎年開催しており、2017年度の全国大会で使用する会場について、事前確認公募を開始したもの。

参加意思確認書や、応募要件を満たしていることを証明する書面、最新の納税証明書など、規定の書類を同機構に直接持参するか、書留郵便で提出する。締め切りは3月6日16時30分。提出の際には事前に応募先に連絡し、応募要件を満たしていることを必ず確認するよう求めている。

締め切り後、応募者と現在契約を予定している者との競争手続きに移行する。応募要件を満たす応募者がいない場合は、契約予定者と契約することになる。

(Security NEXT - 2017/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意
セキュキャン全国大会、オンライン開催に - 新型コロナ影響で
セキュキャン修了生の交友会をオンラインで開催
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
8カ国から若者が集結する「GCC」 - 国内参加者の募集開始
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
都内で「セキュリティ・キャンプフォーラム2019」を開催 - IPA
セキュキャン修了生イベント、成果発表やMVPを募集
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート