Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セキュキャン全国大会2023」、合宿形式で8月に開催

セキュリティ・キャンプ協議会は、セキュリティに関する知識や技術を習得することを目的とした学生向けの合宿イベント「セキュリティ・キャンプ全国大会2023」を8月に開催する。

「セキュリティ・キャンプ全国大会」は、次世代を担う高度な人材の育成を目指した試みで、2004年度より毎年開催している。2023年は8月7日から11日まで合宿形式にて開催する。

行動科学や法律、倫理、国際政治など他分野とセキュリティが重なる共通講義のほか、重要なセキュリティ分野に焦点をあてた専門コース「IoTセキュリティクラス」「ウェブセキュリティクラス」「脅威解析クラス」「AIセキュリティクラス」や、ゼミ形式の学習形態である開発コースを通じて高度な技術を習得する機会を提供する。

参加対象は国内の学校に在籍する2024年3月31日時点で13歳以上、22歳以下の学生。定員は80名程度としており参加費用は無料。会場は東京都府中市のクロス・ウェーブ府中を予定している。

募集期間は、4月10日から5月15日まで。イベント概要やエントリー方法などの詳細は情報処理推進機構(IPA)のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2023/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応