Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SECCON CTF 2023」が開催 - 米韓混合チームが優勝

国内最大級のCTFイベント「SECCON CTF 2023」の決勝戦が12月23日、24日に都内で開催された。国内外より予選を勝ち抜いたCTFプレイヤーが集い、熱い戦いを繰り広げた。

「SECCON」は、セキュリティの知識や技術を競うコンテスト。2012年にスタートし、今回で12回目を迎えた。

20231228_sc_002.jpg
優勝を果たした「Maple Mallard Magistrates」

3年ぶりとなるリアル開催となった前回に引き続き、今回も会場は浅草橋ヒューリックホール&カンファレンス。同会場ではカンファレンスイベント「SECCON 2023 電脳会議」なども併催した。

「SECCON CTF 2023」には予選を勝ち抜いた国際決勝12チーム、国内決勝12チームが集結。国際決勝には国内チームの「ierae」も参戦している。

2日間の戦いを制したのは、米韓混合チームの「Maple Mallard Magistrates」。前回1点差で3位となった中国の「AAA」は順位をひとつ上げ、2位に滑り込んだ。3位に台湾の「${CyStick}」が続いている。

国内決勝では、国際決勝の出場権の逃して悔しい思いをしたというチーム「:(」が実力を見せつけ、優勝した。国内決勝のディフェンディングチャンピオンである「CyberMidori」は、今回も同じ2人の少数精鋭で臨んだが、惜しくも2位となり、「southball」が3位で続いている。

20231228_sc_001.jpg

(Security NEXT - 2023/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県
事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
転職による年収アップ、「セキュリティエンジニア」がトップ
クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性