Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア検体や痕跡残さない標的型攻撃 - 世界140以上の組織が被害か

メモリ上で動作し、ユーティリティなど一般的なツールのみを攻撃に利用することで、極力痕跡をを残さない標的型攻撃が大規模に展開されていることを露Kaspersky Labが明らかにした。

同社によれば、今回確認された攻撃では、既知の脆弱性を攻撃してサーバのメモリ上に感染。「PowerShell」をはじめ、管理ツールなど一般的なソフトウェアを利用し、外部よりシステムを遠隔操作していたほか、システム管理者のパスワードを収集していたという。

今回検知した攻撃は、複数金融機関のサーバにおいて、メモリ上に本来は存在しないはずの「Meterpreter」が動作していることへ気が付き、問題が発覚した。

同ソフトは、侵入テストなどで用いられる「Metasploit」のモジュール。「PowerShellスクリプト」などのユーティリティなどと組み合わせて攻撃に利用されていた。メモリ上に潜み、端末上にファイルが存在しないためセキュリティ対策ソフトで検知が難しく、フォレンジック調査も難しいとしている。

また発覚の発端となった金融機関以外にも、米国、フランス、エクアドル、ケニア、イギリス、ロシアなど40カ国140組織に対しても同様の攻撃が行われていたことが判明。攻撃者の組織や規模については、ほとんどわかっていないという。

(Security NEXT - 2017/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「VMware Workstation」「同Fusion」に脆弱性 - 「クリティカル」も
自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
米当局、「Chromium」の脆弱性悪用に警鐘 - 派生ブラウザでも注意を
前回から4日、「Chrome」に再度アップデート - 今回もゼロデイ脆弱性を修正
軽量プロクシ「Tinyproxy」に脆弱性 - 報告者と開発者に溝
ブラウザ「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 緊急アップデートが公開
米政府、脆弱性「Citrix Bleed」についてガイダンスを公開