Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ECサイトの約半数が1年以内にサイバー攻撃を経験 - 7割で被害

攻撃を受けたとする回答者のうち、7割を超える227人は攻撃により実際に被害を経験。内訳をみると「顧客のログイン情報の漏洩(42.7%)」がもっとも多い。

次いで「顧客の個人情報の漏洩(40.5%)」「ECサイトのシステムダウン(38.8%)」が多く、さらに「顧客のクレジットカード情報漏洩(28.6%)」「システム改ざん(21.1%)」などの被害も5人に1人以上が経験していた。

対応費用やブランドの毀損、株価下落、補償といった二次被害にくわえ、再発防止対策の費用なども含めた金額を尋ねたところ、1000万円以上が32.9%と3割を超えており、5億円以上との回答も5.7%にのぼる。一方100万円未満との回答も22.5%を占めており、被害額に差が見られた。

20170201_tm_001.jpg
金額の総額(グラフ:トレンドマイクロ)
訂正のお知らせ:調査を実施したトレンドマイクロによる一部発表内容の訂正を受けて一部修正しました

(Security NEXT - 2017/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
MS、定例外で2件のアップデートをリリース