Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

成績情報含むファイルを学外に誤送信 - 千葉工業大

千葉工業大学は、学生の成績情報含むファイルを、教員が外部の関係者に誤ってメール送信したことを公表した。

同大学によれば、1月10日に教員が送信したメールにおいて、学生の個人情報含むファイルを誤って添付していたもの。ファイルには、教員が担当している科目の受講生の氏名や学生番号、成績、出席状況などが記載されていた。

学会誌の原稿を学外の編集委員10人にメール送信した際、誤って添付したという。送信直後に気付き、送信先に誤送信したメールの削除を依頼。電話で削除の確認を行った。

(Security NEXT - 2017/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバに不正アクセス、卒業生の個人情報流出の可能性 - 琉球大
日能研のウェブサーバに不正アクセス - SQLi攻撃でメルアド流出か
県立校で大学入学共通テストの自己採点結果を誤送信 - 愛知県
生徒や教員の情報含むPCが盗難、HDDは暗号化済み - 広島大付属中
児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大
県立高の配布プリント裏面に模試結果 - 佐賀県
試験の解答用紙ファイル内に前年度の成績情報 - 山形大
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県