Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

女性スマホ利用者、セキュリティ対策「していない」「わからない」が半数超

詐欺と見られるLINEメッセージについては、女子高生が20.1%、女子大生が19.7%と2割が経験。一方、詐欺と見られる電話がかかってきた割合は独身女性が7%でもっとも多く、女子大生が6.6%、女子高生が6.1%、既婚女性が2.9%だった。

スマートフォンのセキュリティに関して、いずれも8割超が「不安がある」と回答。「ウイルス感染」が最多。女子高生と女子大生は「電話帳などの個人情報の漏洩」が次に多かったのに対し、独身女性と既婚女性は「クレジットカードなどの決済情報の漏洩」が2番目に多かった。

不安を感じる一方、スマートフォンのセキュリティ対策は、「特に何もしていない」との回答がもっとも多い。「わからない」との回答もあわせるといずれの属性も5割を超える。

(Security NEXT - 2017/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
消費者の7割は利益に関わらず個人情報の提供に慎重 - JIPDEC調査
約8割がスマホアプリ開発時などにセキュ対策 - 「自信ない」との声も
スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
4割が親のインターネット利用に不安 - 詐欺メールに懸念