Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

女性スマホ利用者、セキュリティ対策「していない」「わからない」が半数超

スマートフォンを利用している女性の3割以上が詐欺メールの受信を経験しており、8割以上がセキュリティに関して不安を感じていることがわかった。

MMD研究所が、マカフィーと共同で2016年12月に調査を実施したもの。スマートフォンを所有する女子高生、女子大生、社会人独身女性、既婚女性あわせて1574人から回答を得た。

スマートフォン利用中に遭遇したトラブルについて聞いたところ、「迷惑メールの受信」が目立ち、いずれの属性でも7割超となった。また、「詐欺メールの受信」は3割を超える。

「ワンクリック詐欺」では女子高生の17.7%、女子大生の15.3%が経験。、独身女性は8.4%、既婚女性は5%であり、属性によって傾向の違いが見られた。

(Security NEXT - 2017/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
消費者の7割は利益に関わらず個人情報の提供に慎重 - JIPDEC調査
約8割がスマホアプリ開発時などにセキュ対策 - 「自信ない」との声も
スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
4割が親のインターネット利用に不安 - 詐欺メールに懸念
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も