Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、「Splunk」の検知情報から機器を隔離するソリューション

日立情報通信エンジニアリングと日立ソリューションズは、セキュリティ脅威の発生時にネットワークを自動制御し、隔離するソリューションを12月21日より提供開始する。

同ソリューションは、Splunkのログ管理製品「Splunk」と、シスコシステムズのネットワーク管理SDNシステム「Cisco Prime Infrastructure」を連携させたもの。

日立情報通信エンジニアリングが、両システムの連携プログラム「インシデント レスポンス自動化SDK for Prime Infrastructure」を開発。「Splunk」で検知した脅威情報を踏まえ、対象端末のIPアドレスから機器を遮断したり隔離するなど制御が可能。

同ソリューションおよび「Splunk」「Cisco Prime Infrastructure」は個別見積り。連携プログラムは183万6000円から。

(Security NEXT - 2016/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
セキュ対策などテレワークに必要な機能のパッケージ
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド