Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、「Splunk」の検知情報から機器を隔離するソリューション

日立情報通信エンジニアリングと日立ソリューションズは、セキュリティ脅威の発生時にネットワークを自動制御し、隔離するソリューションを12月21日より提供開始する。

同ソリューションは、Splunkのログ管理製品「Splunk」と、シスコシステムズのネットワーク管理SDNシステム「Cisco Prime Infrastructure」を連携させたもの。

日立情報通信エンジニアリングが、両システムの連携プログラム「インシデント レスポンス自動化SDK for Prime Infrastructure」を開発。「Splunk」で検知した脅威情報を踏まえ、対象端末のIPアドレスから機器を遮断したり隔離するなど制御が可能。

同ソリューションおよび「Splunk」「Cisco Prime Infrastructure」は個別見積り。連携プログラムは183万6000円から。

(Security NEXT - 2016/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
Wi-Fi対応警告灯「警子ちゃん」にDI機能搭載モデル
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ