Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、「Splunk」の検知情報から機器を隔離するソリューション

日立情報通信エンジニアリングと日立ソリューションズは、セキュリティ脅威の発生時にネットワークを自動制御し、隔離するソリューションを12月21日より提供開始する。

同ソリューションは、Splunkのログ管理製品「Splunk」と、シスコシステムズのネットワーク管理SDNシステム「Cisco Prime Infrastructure」を連携させたもの。

日立情報通信エンジニアリングが、両システムの連携プログラム「インシデント レスポンス自動化SDK for Prime Infrastructure」を開発。「Splunk」で検知した脅威情報を踏まえ、対象端末のIPアドレスから機器を遮断したり隔離するなど制御が可能。

同ソリューションおよび「Splunk」「Cisco Prime Infrastructure」は個別見積り。連携プログラムは183万6000円から。

(Security NEXT - 2016/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
5GやLTEにも適用できるフィルタリングサービス - ドコモ
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス