Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、コネクテッドカーの研究会を設置 - セキュリティ対策など議論

総務省は、「Connected Car社会の実現に向けた研究会」を開催する。無線ネットワークのあり方や、セキュリティの確保などの課題について議論していく。

同研究会では、ネットワークへ接続可能な「コネクテッドカー」の課題やサービスのあり方について事業者や研究者が議論。具体的には、あらたなサービスやビジネスのあり方、無線通信ネットワークの課題、セキュリティ確保のための推進策などについて検討する。

野村総合研究所理事長の谷川史郎氏を座長とし、自動車会社や情報通信会社、セキュリティ会社の有識者や研究者のほか、関係省庁もオブザーバーとして参加。12月20日に第1回会合を開き、2017年夏ごろまで開催する予定。

(Security NEXT - 2016/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トヨタ自動車の故障診断ツールに脆弱性 - ECU間の通信に判明
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
2度にわたりメール誤送信、メアド流出 - 日の丸自動車学校
行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部
車検関連の申請書類214万件を誤廃棄 - 九州運輸局
国交省、自動運転車の安全基準を策定 - サイバーセキュリティの確保も
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
2018年登録の自動車登録申請書57件を誤廃棄 - 国交省