Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友銀とNECら3社、セキュリティ人材の育成事業で協業

三井住友銀行、日本総合研究所およびNECは、サイバーセキュリティ人材の育成に向けて協業した。

今回の協業により3社のノウハウを活用することで、金融機関向けのサイバーセキュリティ人材を育成するためのプログラムについて、策定を推進する。

具体的には、三井住友銀行と日本総研が持つ金融業務に関する知見や金融機関における脅威情報のほか、NECのセキュリティ人材育成、セキュリティ技術、サイバー攻撃の手口に関する情報などを活用していく。

策定したプログラムについて、三井住友銀行と日本総研では、自社のセキュリティ強化に利用。NECでは、技術者の早期育成にくわえ、金融機関向けのサイバーセキュリティ人材育成プログラムとして、2017年中にサービスを開始したいとしている。

(Security NEXT - 2016/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「DX」への期待、「特になし」が3割以上 - 課題は人材や予算不足
インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携
IPA、「DX白書2021」を公開 - 日米の差が明らかに
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
セキュリティがテーマのマンガをTwitterで配信 - JNSA
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
セキュリティがテーマのコミック配信企画、シーズン2が始動
「セキュリティ・キャンプ全国大会」、応募締切は5月31日
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂 - 経産省