Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井住友銀とNECら3社、セキュリティ人材の育成事業で協業

三井住友銀行、日本総合研究所およびNECは、サイバーセキュリティ人材の育成に向けて協業した。

今回の協業により3社のノウハウを活用することで、金融機関向けのサイバーセキュリティ人材を育成するためのプログラムについて、策定を推進する。

具体的には、三井住友銀行と日本総研が持つ金融業務に関する知見や金融機関における脅威情報のほか、NECのセキュリティ人材育成、セキュリティ技術、サイバー攻撃の手口に関する情報などを活用していく。

策定したプログラムについて、三井住友銀行と日本総研では、自社のセキュリティ強化に利用。NECでは、技術者の早期育成にくわえ、金融機関向けのサイバーセキュリティ人材育成プログラムとして、2017年中にサービスを開始したいとしている。

(Security NEXT - 2016/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ産業創出する人材育成目指した「SecHack365」 - 受講生募集が開始
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省