Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国交省、ドラレコ映像の管理徹底を通知 - ASKA容疑者の映像流出で

国土交通省は、タクシーのドライブレコーダーで撮影されたASKA容疑者の逮捕前の映像が流出し、一部メディアが報じた問題を受け、映像管理を徹底するよう関係団体に通知した。

同省によれば、ドライブレコーダーにより撮影された映像について、乗客のプライバシーに十分配慮したうえで、社内規程の作成など適切な管理を徹底するよう日本バス協会、全国ハイヤー・タクシー連合会、全国個人タクシー協会に通知したもの。

同省は、ドライブレコーダーで撮影された映像について、自動車の安全を確保するために活用されるべきものと指摘。趣旨に反して提供されたことを遺憾とし、団体の会員へ対策について周知するよう求めている。

(Security NEXT - 2016/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
「Mirai」によるパケットが増加 - 送信元の多くで防犯用映像記録装置が稼働
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
ドライブレコーダー映像の個人情報を消す技術 - TRUST SMITH
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ