Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ASKA容疑者のドラレコ映像報道でタクシー会社が謝罪

覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された歌手であるASKA容疑者の逮捕前の映像が流出し、一部メディアが報じた問題で、タクシー会社のチェッカーキャブが謝罪した。

同社によれば、加盟会社の車両に設置しているドライブレコーダーでは、防犯や事故、安全運行などのために車内外の映像を記録しているが、加盟企業より一部メディアへ映像が提供されたという。

同社は、映像を第三者へ提供するケースは、法律に基づいて捜査機関へ提供する場合や、事故やトラブル発生時における当事者、保険会社、捜査機関に対する場合のみであると説明。管理者が厳重に管理することになっているという。

今回のケースでは映像はもちろん、映像から会話の内容や移動経路なども流出。これら情報を一部メディアが報じたが、同社は今回の提供について本来定められた目的を逸脱したものとして関係者へ謝罪。対象となる加盟企業へ厳罰処分を行うとし、記録映像の管理徹底など再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2016/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取材データの誤送信で職員8人を懲戒処分 - NHK
街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ
「思い出あんしん保管サービス」で一部個人情報が閲覧可能に - クラウドストレージのIDやPWも
受託事業のデータや無断撮影画像を研究開発に利用 - オムロン
コンビニ従業員が有名スポーツ選手の防犯カメラ画像を投稿
イベント参加者や人材リストを保存したHDDが所在不明 - 滋賀県
記入済みのキャンペーン応募用紙が盗難被害 - ミウィ橋本
都内4カ所のセブン銀行ATMにスキミング機器 - 3200件を不正取得か