Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務PCが外部と不正通信、個人情報など流出 - 日経出版社

日本経済新聞出版社は、関係者や従業員の個人情報などをはじめ、業務用パソコンからデータが外部へ流出したことを明らかにした。

同社によれば、業務用パソコンから外部サイトに対し、端末利用者の意図に反して不正にファイルが送信されていることが11月25日に判明したもの。

複数のデータが外部に送信されており、個人情報に関しては同社主催の会合の出席者リストや関係者の連絡先、従業員の住所録など約1200件が被害に遭ったという。

同社では被害発覚後に問題のパソコンをネットワークから遮断。対象となる関係者には、報告と謝罪を行っている。また同社のシステムは、親会社である日本経済新聞社と別のシステムで運用されており、日本経済新聞社からの情報流出は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2016/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大