Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホスティング事業者からクレカなど個人情報が流出 - 利用者サーバに不正ファイルも

データセンターやホスティング事業などを展開するカゴヤ・ジャパンが不正アクセスを受けた問題で、クレジットカード情報など利用者の個人情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。また複数利用者のサーバへ不正なプログラムがアップロードされていたという。

20161110_kj_001.jpg
個人情報流出の可能性について公表したカゴヤ・ジャパン

同社では、不正アクセスにより利用者のパスワードが漏洩した可能性があることを9月に公表

その後の調査で、同社の契約者情報を保存していたデータベースサーバが不正アクセスを受け、利用者の情報が流出した可能性があることがあらたに判明した。

同社によれば、解約済みの利用者も含め、9月21日までに同社を利用した全利用者の個人情報4万8685件が流出した可能性があり、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、アカウント名、パスワードが含まれる。またクレジットカードの名義、番号、有効期間など2万809件が流出したおそれがある。

(Security NEXT - 2016/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サッカー用品通販サイトに不正アクセス - 不正注文後に侵害
ECサイトで個人情報流出、クレカ不正利用の可能性 - 松井酒造
法人カード利用企業の情報をメールで誤送信 - UPSIDER
ランサム被害のイズミ、侵入経路はVPN - システムは概ね復旧
福岡飲食店のECサイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
学生服通販サイトの旧サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
東京ヴェルディの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出