Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで契約者のパスワードが流出した可能性 - ホスティング事業者

データセンターやホスティング事業などを展開するカゴヤ・ジャパンは、不正アクセスにより利用者のパスワードが流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、同社システムに対する不正アクセスを9月16日11時過ぎに確認したもの。不正アクセスを受けた原因や与える影響など、詳細について確認作業を進めているが、同社が提供する複数のサービスにおいて、契約しているアカウントのパスワードが流出した可能性があるという。

同社では、緊急対策として同社によるパスワードの強制変更を実施。利用者にパスワードの再発行の手続きを行うよう求めている。

(Security NEXT - 2016/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JINS通販サイトで個人情報が流出か - 「Apache Struts 2」脆弱性が再度原因に
不正アクセスによる個人情報漏洩でGMO-PGに報告を要請 - 経産省
住宅金融支援機構のクレカ情報流出、セキュリティコードはサイト利用者のみ影響
不正アクセスで顧客クレカ情報が窃取被害 - 家電通販サイト
沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - ヤマサちくわ
日本郵便に不正アクセス、送り状やメアドが流出 - 「Apache Struts 2」の脆弱性が原因
サイトに不正アクセス、相談者のメアド2.6万件流出か - JETRO
住宅金融支援機構の関連サイトでクレカなど個人情報が流出 - セキュリティコードも
都税支払サイトからクレカ情報67.6万件が流出か - 「Apache Struts 2」の脆弱性突かれる