Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュアとWurldtech、制御システムのセキュリティ対策で協業

NRIセキュアテクノロジーズとGEデジタル傘下のWurldtech Security Technologiesは、産業用制御システムのセキュリティ分野で協業すると発表した。

今回の協業を受けてNRIセキュアでは、制御システムに対するセキュリティ対策に関し、動向調査や評価、ガイドラインの策定、対策の支援などコンサルティングサービスを提供する。

さらにWurldtechの産業用制御機器に対する認証プログラム「Achilles Certification(アキレス認証)」を国内で展開。今後は、制御システムのデータトラフィックを関し、制御する「IPS OpShield」のセキュリティログ監視サービスを提供する予定。

(Security NEXT - 2016/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
不正アクセス被害のランドブレイン、調査結果を公表 - ランサムウェアは「Cring」
制御システムのリスク分析を解説するセミナー - IPA
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も