Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、新ブランドでセキュリティ事業を強化 - 1TbpsクラスのDDoS攻撃へ対応するサービスも

20161102_ii_002.jpg

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、あらたなセキュリティ事業ブランド「wizSafe」を発表した。セキュリティ関連サービスの統合を図り、セキュリティ事業を強化する。

同社では、これまで提供してきたセキュリティ関連サービスを統合。さらにバックボーントラフィックやDNS、各種サービスのログを活用した分析基盤の構築し、あらたにSOCサービスを展開するなど、新ブランドのもと、セキュリティ事業へ注力していく。

今後は、1TbpsクラスのDDoS攻撃へ対応するサービスや、ウェブへのアクセス環境を分離するアイソレーションソリューションを2017年1月に投入するほか、情報分析基盤で得られたDNS情報を活用したマルウェア対策を2017年度中に開始する予定。

20161102_ii_001.jpg
サービス概要(図:IIJ)

(Security NEXT - 2016/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
「スマートシティセキュリティガイドライン」1年待たず改定
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少
米政府、サイバー空間の「バッドプラクティス」をリスト化
セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多