Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、新ブランドでセキュリティ事業を強化 - 1TbpsクラスのDDoS攻撃へ対応するサービスも

20161102_ii_002.jpg

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、あらたなセキュリティ事業ブランド「wizSafe」を発表した。セキュリティ関連サービスの統合を図り、セキュリティ事業を強化する。

同社では、これまで提供してきたセキュリティ関連サービスを統合。さらにバックボーントラフィックやDNS、各種サービスのログを活用した分析基盤の構築し、あらたにSOCサービスを展開するなど、新ブランドのもと、セキュリティ事業へ注力していく。

今後は、1TbpsクラスのDDoS攻撃へ対応するサービスや、ウェブへのアクセス環境を分離するアイソレーションソリューションを2017年1月に投入するほか、情報分析基盤で得られたDNS情報を活用したマルウェア対策を2017年度中に開始する予定。

20161102_ii_001.jpg
サービス概要(図:IIJ)

(Security NEXT - 2016/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を
2020年4Qのクレカ不正利用被害は72.5億円 - 前期比22.7%増
個情委、個人情報の越境移転や委託先管理でLINEから報告徴収 - 総務省も
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
自動車産業「Japan Automotive ISAC」が発足