Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、セキュリティのオンライン講座を配信

エフセキュアは、ヘルシンキ大学と提携し、セキュリティについて学ぶことができるオンライン講座を10月25日より開講する。

世界的にセキュリティへ携わる人材の不足が生じていることから、初級レベルの職位に求められるセキュリティのスキルを習得できる講座を設置したもの。

同講座は、ヘルシンキ大学の公開オンラインコースシステムを通じてワールドワイドに配信。プログラミングやネットワーク、セキュリティの基礎知識があれば、学歴問わず受講できる。

同講座では、EUのサイバーセキュリティ関連法や、脆弱性の解析ツール、セキュアなソフトウェアシステムの構築、システムにおけるリスクおよび脅威アセスメントの実施について学習することが可能。

同社によれば、当初の対応言語は英語のみとなるが、日本語による提供についても検討を行っているという。

(Security NEXT - 2016/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
就職氷河期世代のeスポーツ愛好家向けにセキュ人材研修 - 群馬県
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS