Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、セキュリティのオンライン講座を配信

エフセキュアは、ヘルシンキ大学と提携し、セキュリティについて学ぶことができるオンライン講座を10月25日より開講する。

世界的にセキュリティへ携わる人材の不足が生じていることから、初級レベルの職位に求められるセキュリティのスキルを習得できる講座を設置したもの。

同講座は、ヘルシンキ大学の公開オンラインコースシステムを通じてワールドワイドに配信。プログラミングやネットワーク、セキュリティの基礎知識があれば、学歴問わず受講できる。

同講座では、EUのサイバーセキュリティ関連法や、脆弱性の解析ツール、セキュアなソフトウェアシステムの構築、システムにおけるリスクおよび脅威アセスメントの実施について学習することが可能。

同社によれば、当初の対応言語は英語のみとなるが、日本語による提供についても検討を行っているという。

(Security NEXT - 2016/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
サイトアクセスから不審端末絞り込むシステム - OKI
MS、APAC初「エクスペリエンスセンター」を開設
生徒の個人情報紛失で教諭を戒告処分 - 福岡市
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校
ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋
不正アクセスで個人情報流出か、データ消失も - 城南進学研究社
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も