Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、セキュリティのオンライン講座を配信

エフセキュアは、ヘルシンキ大学と提携し、セキュリティについて学ぶことができるオンライン講座を10月25日より開講する。

世界的にセキュリティへ携わる人材の不足が生じていることから、初級レベルの職位に求められるセキュリティのスキルを習得できる講座を設置したもの。

同講座は、ヘルシンキ大学の公開オンラインコースシステムを通じてワールドワイドに配信。プログラミングやネットワーク、セキュリティの基礎知識があれば、学歴問わず受講できる。

同講座では、EUのサイバーセキュリティ関連法や、脆弱性の解析ツール、セキュアなソフトウェアシステムの構築、システムにおけるリスクおよび脅威アセスメントの実施について学習することが可能。

同社によれば、当初の対応言語は英語のみとなるが、日本語による提供についても検討を行っているという。

(Security NEXT - 2016/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小学校で児童の指導要録や転学届の紛失が判明 - 名古屋市
実践的サイバー防御演習「CYDER」の開催日程が発表 - 受付も開始
アルバイトが業務上知り得た個人情報を漏洩 - 河合塾進学研究社
AIアプリの構築に活用される「BentoML」に深刻な脆弱性
新「NOTICE」がスタート、脆弱性ある機器も注意喚起対象に
AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら
市内小学校で児童指導要録抄本が所在不明に - 川崎市
「セキュリティ・キャンプ2024全国大会」の応募受付を開始
国内企業、IT投資で「セキュリティ向上」に高い優先度 - 「AI能力向上」も
学年全体のテスト結果を生徒がアプリ上から閲覧可能に - 大阪市