Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、セキュリティのオンライン講座を配信

エフセキュアは、ヘルシンキ大学と提携し、セキュリティについて学ぶことができるオンライン講座を10月25日より開講する。

世界的にセキュリティへ携わる人材の不足が生じていることから、初級レベルの職位に求められるセキュリティのスキルを習得できる講座を設置したもの。

同講座は、ヘルシンキ大学の公開オンラインコースシステムを通じてワールドワイドに配信。プログラミングやネットワーク、セキュリティの基礎知識があれば、学歴問わず受講できる。

同講座では、EUのサイバーセキュリティ関連法や、脆弱性の解析ツール、セキュアなソフトウェアシステムの構築、システムにおけるリスクおよび脅威アセスメントの実施について学習することが可能。

同社によれば、当初の対応言語は英語のみとなるが、日本語による提供についても検討を行っているという。

(Security NEXT - 2016/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
実証実験で9割以上の特殊詐欺によるATM利用を検知 - ラックと三菱UFJ銀
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
匿名加工情報作成ソフトに新版、架空パーソナルデータの合成に対応
「サブスク」のトラブル相談、毎月約500件 - 「登録メアドがわからない」「解約し忘れ」
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
IPA、「DX白書2021」を公開 - 日米の差が明らかに
県立高で成績一覧表を誤送信、無意識に保存したファイルと取り違え - 茨城県