Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6割弱がクレカ積極利用の意向なし - 盗難や情報漏洩を懸念

クレジットカードにおける安全対策への認知度について調べたところ、磁気カードよりICカードの方が安全なこと、暗証番号の入力が安全性を高めることについて半数近い44.5%が「いずれも知らなかった」と回答。「いずれも知っていた」は37.2%と4割に届かなかった。

またインターネットで買い物をする際、IDやパスワードでクレジットカード取引を認証する方法があることを59.4%は認知していたが、35.2%は「知らなかった」と回答した。

実際に認証を求められた場合、41.8%は入力するとしているが、そのうち4割近くは面倒と感じていた。さらに10.4%は「クレジットカード以外の支払方法を選んで買い物する」、2.7%が「面倒なので、入力不要なお店で買い物する」など、購買行動を変化させるケースも見られた。

今後、クレジットカードの安全利用に向けて政府に期待することを尋ねたところ、「不正使用に関する取締りの強化(57.4%)」「セキュリティ対策の規制にかかる法整備(52.3%)」が多い。また「不正使用に関する相談窓口の充実」を挙げる声も30.2%と3割を超えている。

(Security NEXT - 2016/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイトの8割強がクレカブランドを標的に
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
2022年1Qクレカ不正利用被害、前期比7.4%増 - 約100億円を突破
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に
2021年4Qのクレカ不正利用被害は約93億円 - 前四半期から14.6%増