Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プロクシー利用時に影響受ける脆弱性「FalseCONNECT」 - OS XやiOSは修正済み

さらにWebKitによるアクセスでは、置き換えた応答によってブラウザ上で任意のスクリプトが実行されるおそれがある。WebKitを利用するiOSをはじめ、Mac OS Xの「Safari」「iTunes」「AppStore」のほか、映像端末「Apple TV」にも影響があった。

Appleでは、CFNetworkプロクシーの脆弱性として、「iOS 9.3.3」をはじめ、「OS X El Capitan 10.11.6」「Security Update 2016-004」「tvOS 9.2.2」で修正を行っている。

またApple以外にもMicrosoft、Oracle、Operaなどの製品に影響があることが判明しており、セキュリティ機関では脆弱性の影響について情報を提供し、ベンダー情報を確認し、必要に応じてアップデートを講じるよう注意を喚起した。

くわえて信頼できないネットワークにおいて、プロキシ経由によるアクセスを避けたり、「Proxy auto-configuration(PAC)」や「Web proxy auto-discovery(WPAD)」が不要な環境では設定を無効化するなど緩和策の実施を呼びかけている。

20160817__cc_001.jpg
8月16日時点における各ベンダーへの影響(表:CERT/CC)

(Security NEXT - 2016/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FortiOS」に5件の脆弱性 - アップデートで修正
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も
MS、月例セキュリティ更新を公開 - 「クリティカル」は1件のみ
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
「Trend Micro Apex One」に7件の脆弱性 - アップデートで修正
機械学習ライブラリ「PyTorch」の分散RPCフレームワークに深刻な脆弱性
複数脆弱性に対処したGPUのアップデートをリリース - NVIDIA
BitDefenderのセキュリティ製品に脆弱性 - アップデートを提供
Arm製「Mali GPUカーネルドライバ」の旧版に脆弱性 - 悪用も
「WordPress」向けプラグイン「Icegram Express」に脆弱性 - すでに攻撃も