Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃者視点で自動車の脆弱性を検査 - ネットエージェント

ネットエージェントは、自動運転やインターネット接続機能などを持つ自動車を対象に、セキュリティ上の脆弱性を検査する「自動車セキュリティ検査サービス」を提供開始する。

20160805_na_001.jpg
サービス例(図:ネットエージェント)

同サービスは、いわゆる「コネクテッドカー」など、情報化が進む自動車を対象に、攻撃者の視点から侵入テストを実施し、悪用される可能性がある脆弱性がないか検査するペネトレーションテストサービス。

これまでにも自動車メーカーより検査の依頼を受けており、今回サービスメニュー化した。

具体的には、BluetoothやWi-Fiなどの「無線アクセス検査」、中間者攻撃や通信の改ざんに対する耐性、アプリ検査などを行う「テレマティクス検査」、駆動系や情報系を検査する「車内アクセス検査」の3分野でサービスを提供する。

同社では、年間12車種の受注を目指し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2016/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自動車産業「Japan Automotive ISAC」が発足
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明
トヨタ自動車の故障診断ツールに脆弱性 - ECU間の通信に判明
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
2度にわたりメール誤送信、メアド流出 - 日の丸自動車学校
行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部
車検関連の申請書類214万件を誤廃棄 - 九州運輸局
国交省、自動運転車の安全基準を策定 - サイバーセキュリティの確保も
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業