Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IT投資の対象で「セキュリティ」が課題のトップ

企業の規模や産業に関わらず、IT予算の対象領域で「セキュリティ」を課題に挙げる企業がもっとも多かったとの調査結果をIDC Japanが取りまとめた。

同社が国内企業のCIOや情報システム部門の管理者を対象としてIT投資動向に関する調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

6割以上の企業が、2016年度の国内企業のIT支出が前年から「変わらない」とする一方、大企業や中堅企業でそれぞれ35%、31%が「増加」と回答。いずれも減少を上回っており、積極的な投資の動きが見られた。ただし、国内ITサービス市場全体は、2016年以降もプラス成長を続けると同社は見ているが、成長率は低下していくと分析している。

IT予算の対象範囲における課題として、「セキュリティ」を挙げる企業がもっとも多く、従業員の規模や産業分野に関わらず、セキュリティ対策を重要視する声が目立ったという。

(Security NEXT - 2016/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ