Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 10」への無償UG通知、辞退ボタンを用意

「Windows 10」の無償アップグレードに関する通知がわかりにくいとの指摘が出ている問題で、日本マイクロソフトは、アップグレードの通知画面を変更した。7月1日より順次配信されている。

同社では、7月29日まで「Windows 10」の無償アップグレードを提供しているが、アップグレードを望まない場合にもキャンセル作業が必要で、キャンセル方法もわかりにくいなど、一部不満の声が出ていた。消費者庁も無償アップグレードに関する注意をアナウンスしている。

こうした問題を受け、同社では無償アップグレードの通知画面を改修。「今すぐアップグレード」「日時を指定」「無償アップグレードを辞退する」の3項目を用意した。

あたらしい通知画面への変更は順次実施するとしており、従来の画面が表示されるケースもあるので注意が必要。ユーザーの環境によっても表示される画面は異なり、現在は5種類の通知画面があるとして、同社では各通知画面についての詳細を案内している。

(Security NEXT - 2016/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

macOS向け「ウイルスバスター」に脆弱性 - 悪用は未確認
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
「iOS 13.6」「iPadOS 13.6」が公開 - 脆弱性29件を修正
「VMwareディレクトリサービス」に機密情報漏洩のおそれ
ゼロデイ脆弱性、攻撃対象は「Windows 7」 - 「Windows 10」への影響は限定的
三菱東京UFJ銀装うフィッシング攻撃が断続的に発生中 - 「個人情報漏洩事件が起こった」と不安煽る
「Movable Type」に任意のコード実行が可能となる脆弱性
中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」
みずほ銀装うフィッシング - クリスマスキャンペーン画像まで盗用