Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 10」への無償UG通知、辞退ボタンを用意

「Windows 10」の無償アップグレードに関する通知がわかりにくいとの指摘が出ている問題で、日本マイクロソフトは、アップグレードの通知画面を変更した。7月1日より順次配信されている。

同社では、7月29日まで「Windows 10」の無償アップグレードを提供しているが、アップグレードを望まない場合にもキャンセル作業が必要で、キャンセル方法もわかりにくいなど、一部不満の声が出ていた。消費者庁も無償アップグレードに関する注意をアナウンスしている。

こうした問題を受け、同社では無償アップグレードの通知画面を改修。「今すぐアップグレード」「日時を指定」「無償アップグレードを辞退する」の3項目を用意した。

あたらしい通知画面への変更は順次実施するとしており、従来の画面が表示されるケースもあるので注意が必要。ユーザーの環境によっても表示される画面は異なり、現在は5種類の通知画面があるとして、同社では各通知画面についての詳細を案内している。

(Security NEXT - 2016/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
「Sophos Firewall」に深刻な脆弱性 - すでに悪用する攻撃も
消費者金融「プロミス」の利用者を狙ったフィッシングに注意
「個人情報の再確認を」とだます「アフラック」を装ったフィッシング攻撃
「明治安田生命」のポータルサイト装うフィッシング
「Cisco Policy Suite」に「root権限」でログインされる脆弱性
「PayPay銀行」装うフィッシング - Visaデビット番号を標的に
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
APT攻撃受けた「SolarWinds Orion Platform」に追加ホットフィクス