Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ人材、2020年に約19.3万人不足 - 給与水準改善が鍵か

またセキュリティベンダーやITベンダーに、社外向けのセキュリティ対策業務を担当する人材の量的不足感を聞いたところ、「検査、監査系業務」「コンサルティング系業務」について「必要なスキルを有する人材は確保できている」との回答は1割に満たないなど、不足の声が目立った。

セキュリティ対策業務担当者の不足の原因について、「募集をしても必要な経験、スキルを有する応募者が少ない」が39%で最多。「将来的にも現在並みの業務量が確保できるとは限らないので増強できない」との回答も26.8%で多く見られる。

セキュリティをはじめ、IT関連人材の獲得においては、産業の魅力向上が求められ、大きな要因として報酬の問題が背後にあると指摘。日本のIT人材における給与への満足度が非常に低く、国内の他産業の給与水準との差が影響していると分析している。

(Security NEXT - 2016/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始