Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ人材、2020年に約19.3万人不足 - 給与水準改善が鍵か

情報セキュリティ分野の人材は、2016年の時点で約13万人が不足しており、2020年には19万人超に拡大するとの調査結果を、経済産業省が取りまとめた。

同省が、IT人材についてアンケート調査や有識者による研究会を実施し、中長期的な動向をまとめたもの。

20160610_me_003.jpg
セキュリティ人材および不足数の予測(グラフ:経産省)

同調査によれば、2016年の時点で、セキュリティベンダーやITベンダーにおけるセキュリティ人材は4万2190人、ユーザー企業におけるセキュリティ人材は23万8680人と推定。あわせて28万870人が従事している。

一方で潜在的に求められる人材は41万2930人に及ぶとし、13万2060人が不足している状況だという。また2020年にはセキュリティ人材への潜在需要が37万1320人に達すると予測。不足数は19万3010人まで拡大するとの見通しを示した。

ユーザー企業におけるセキュリティ人材の不足感を調査したところ、全体的な情報セキュリティ対策の統括者、部署内の情報セキュリティ管理者のいずれについても、5割弱の企業が不足を感じていると回答。「必要人数は確保できている」と回答した企業は4分の1にとどまった。

(Security NEXT - 2016/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

産官学が連携、セキュリティ人材の育成を推進
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省
SAJ、サイバーセキュリティボランティア制度を創設 - 人材不足の公益団体を無償支援
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
セキュキャン全国大会、週明け11日より募集開始
セキュリティ専門家2名や「セキュリティのアレ」に総務大臣奨励賞