Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ先技、「Drupal」の開発者向けに日本語翻訳サイト

NTTデータ先端技術は、コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Drupal」の開発者向け資料を日本語へ翻訳し、提供を開始した。

国内における同プラットフォームの市場拡大や活性化に向けた試み。DrupalアソシエーションやCipixが英語で公開している開発者向けドキュメントを日本語に翻訳、公開した。

翻訳サイトには、「Drupalの安全性」や「安全なソースコードを書く」といったコンテンツも用意。SQLインジェクション対策なども記載されている。

(Security NEXT - 2016/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
「Drupal」にアップデート - サードパーティ製エディタに起因する脆弱性を解消
既知の「Cisco ASA」脆弱性狙う攻撃が急増 - 休み前に対策を
CMS「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートが公開
「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要
CMSの「TYPO3」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる