Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ先技、「Drupal」の開発者向けに日本語翻訳サイト

NTTデータ先端技術は、コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Drupal」の開発者向け資料を日本語へ翻訳し、提供を開始した。

国内における同プラットフォームの市場拡大や活性化に向けた試み。DrupalアソシエーションやCipixが英語で公開している開発者向けドキュメントを日本語に翻訳、公開した。

翻訳サイトには、「Drupalの安全性」や「安全なソースコードを書く」といったコンテンツも用意。SQLインジェクション対策なども記載されている。

(Security NEXT - 2016/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PEARライブラリ「Archive_Tar」の脆弱性、攻撃の標的に - CMSなどにも影響
PHP向けライブラリ「Guzzle」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
HTTPクライアント機能を提供するライブラリに脆弱性 - CMSにも影響
「Drupal」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「CKEditor」に複数の脆弱性、アップデートが公開 - 実装するCMSにも影響
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響