Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal」の旧版にDoS脆弱性見つかる - 「同10」へ更新を

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Drupal」の旧版に脆弱性が明らかとなった。すでにサポートが終了しており、最新版への更新が呼びかけられている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同9.3.6」において特定の構造を持つ入力に対して処理に不備があり、サービス拒否が生じる脆弱性「CVE-2024-22362」が明らかとなった。ただし、「同10」や「同9.5.x」において同脆弱性の影響は確認されていないという。

同脆弱性は、ブロードバンドセキュリティの志賀拓馬氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

依存するサードパーティ製ソフトウェアのサポート終了なども受けて、「同9」は現地時間2023年11月1日にサポートが終了している。

「CVE-2024-22362」に関しては対象となるバージョンが限定的だが、今後何らかの脆弱性が明らかとなった場合も「同9」についてはアップデートによる修正は行われないため、サポートが提供されている「同10」への更新が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2024/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消