Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal」にアクセス制御不備の脆弱性 - 更新後の挙動に注意

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Drupal」にアクセス制御不備の脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

コア部分に備わるファイルのダウンロード機能において、ユーザーより本来アクセスできないファイルに対してアクセスが可能となる脆弱性「CVE-2023-31250」が明らかとなったもの。

開発チームでは、重要度を5段階において上から3番目にあたる「Moderately Critical(中)」とレーティング。一方、GitHubでは、重要度をもっとも高い「クリティカル(Critical)」としており、評価がわかれている。

開発チームでは、「Drupal 10.0.8」「同9.5.8」「同9.4.14」「同7.96」にて脆弱性を修正した。一部サイトでは、更新後に設定の変更が必要となる場合があるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
公文書閲覧システムに個人情報など不開示情報を誤掲載 - 埼玉県
ランサムウェア被害でシステム障害が発生 - 岡山県精神科医療センター
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ