Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal」の「PWAモジュール」に脆弱性 - 設定変更のおそれ

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Drupal」の開発チームは、モジュール「Progressive web applications(PWA)」に関する脆弱性について明らかにした。

現地時間4月24日にセキュリティアドバイザリをリリースし、「PWA」に関する脆弱性に対処したことを明らかにしたもの。

同アドバイザリにおいてCVE番号は示しておらず、識別子「SA-CONTRIB-2024-017」が割り振られている。

同モジュールにおいて設定フォームへのアクセスが保護されておらず、脆弱性を悪用すると権限のないユーザーが設定を表示したり、変更することが可能だという。

脆弱性の重要度は、5段階中、上から2番目にあたる「クリティカル(Critical)」とした。

同モジュールを利用している場合は「同8.x-1.5」にアップデートするよう開発チームでは呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性
医療ユニフォームメーカーの通販サイトに不正アクセス - 個人情報が流出
Atlassian、6月のセキュリティアドバイザリを公開
ファッション通販「ZOZOTOWN」のAndroidアプリに脆弱性
輸入楽譜専門店の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出
事業申込用のフォームで設定ミスが発生 - 川崎市社会福祉協議会
WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを
サイバー攻撃で従業員などの個人情報が流出した可能性 - 森永製菓
学生が患者の個人情報含むカルテの写真をSNSに投稿 - 名古屋大病院
Trellixの不正侵入防止製品に複数脆弱性 - アップデートを