Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワーム型ランサムウェア「ZCryptor」、Windows 7以降のみ影響

ワーム機能を備えた新種のランサムウェア「ZCryptor」が確認されたが、Windows 7以降しか動作しないことがわかった。

同マルウェアを解析した米Trend Microによれば、同マルウェアは、Windows 7以降のOSしか動作しない特徴を持っているという。それ以前のOSでは、暗号化や脅迫文の表示など試みるものの、OSに存在しない機能を呼び出すため、操作に失敗していた。

また同マルウェアは、自身をリムーバブルドライブへコピーし、感染を拡大するなどワームのような振る舞いを持つが、同様の感染機能を持つランサムウェアは今回がはじめてではないと指摘。同社が2013年12月に確認した「CryptoLocker」の亜種が同様の機能を備えていたという。

(Security NEXT - 2016/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約1.6万人分の個人情報流出を確認、あらたな可能性も - カプコン
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
ランサムウェア対策で業界横断連携 - 米17組織
経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を
12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社