Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワーム型ランサムウェア「ZCryptor」が登場 - USBメモリなどで拡散

リムーバブルドライブやネットワークドライブを通じて拡散する機能を備えた新種のランサムウェア「ZCryptor」が確認された。

20160602_ms_001.jpg
暗号化対象となるファイル(表:Microsoft)

Microsoftによれば、同マルウェアは、ワームのような振る舞いをする新型のランサムウェア。

マクロを利用したOfficeファイルや「Adobe Flash Player」のセットアップファイルなどを装い、メール経由で感染活動を展開している。

ひと度ユーザーが誤って実行し、感染すると端末の起動時に実行されるよう設定。またUSBメモリをはじめとするリムーバブルドライブへ自身をコピーする。

さらにエクスプローラーから見えないよう「隠しファイル」へ属性を変更。リムーバブルドライブを接続した際に自動起動するよう「オートランファイル」を生成する。

感染後、ファイルの暗号化を行うとともに拡張子を「.zcrypt」へ変更、脅迫状であるHTMLファイルを作成する。ユニークなプライベートキーで暗号化を行ったとし、金銭の支払いなしに復号化はできないと説明。Bitcoinで約500ドルにあたる1.2BTCを4日以内に支払うよう求める。

また「ZCryptor」は、インターネットへ接続する機能を備えていたが、Microsoftが確認した時点ですでに接続先のドメインは停止していたという。

(Security NEXT - 2016/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料