Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年1Qの脆弱性登録は1453件 - 最多は「Chrome」

脆弱性の種類では、依然として「バッファエラー」が最多で261件。「情報漏洩」が151件、「不適切な入力確認」が126件、「クロスサイトスクリプティング」が123件と続く。

製品別に見ると、「Google Chrome」が117件で最多。「Windows Server 2012」が77件、「Windows 10」が76件で続く。上位20製品において、OSが8製品、ブラウザが5製品を占める。

同四半期までに登録された脆弱性情報を深刻度別にわけると、共通脆弱性評価システム「CVSSv2」の基本値が7.0から10.0で「危険」とされる「レベルIII」は全体の40.1%で、前期より0.2ポイント後退した。「警告」の「レベルII」は52.6%で0.1ポイント上昇。「注意」の「レベルI」は7.3%で0.1ポイント上昇した。

(Security NEXT - 2016/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減