Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年1Qの脆弱性登録は1453件 - 最多は「Chrome」

脆弱性の種類では、依然として「バッファエラー」が最多で261件。「情報漏洩」が151件、「不適切な入力確認」が126件、「クロスサイトスクリプティング」が123件と続く。

製品別に見ると、「Google Chrome」が117件で最多。「Windows Server 2012」が77件、「Windows 10」が76件で続く。上位20製品において、OSが8製品、ブラウザが5製品を占める。

同四半期までに登録された脆弱性情報を深刻度別にわけると、共通脆弱性評価システム「CVSSv2」の基本値が7.0から10.0で「危険」とされる「レベルIII」は全体の40.1%で、前期より0.2ポイント後退した。「警告」の「レベルII」は52.6%で0.1ポイント上昇。「注意」の「レベルI」は7.3%で0.1ポイント上昇した。

(Security NEXT - 2016/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

先週注目された記事(2024年4月7日〜2024年4月13日)
先週注目された記事(2024年3月31日〜2024年4月6日)
先週注目された記事(2024年3月24日〜2024年3月30日)
サイバー攻撃で狙われ、悪用される「正規アカウント」
先週注目された記事(2024年3月17日〜2024年3月23日)
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
先週注目された記事(2024年3月3日〜2024年3月9日)
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
「WordPress」における不用意な露出に注意 - 攻撃の糸口となることも
「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止