Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マンガ「サイバーセキュリティのひみつ」の電子書籍版が無償公開

マンガを通じてサイバーセキュリティを学べる「サイバーセキュリティのひみつ」の電子版が公開された。

20160324_ip_002.jpg
サイバーセキュリティのひみつ

同書は、サイバーセキュリティの知識をマンガを通じて学べる学習書籍。情報処理推進機構(IPA)が2月より全国の小学校の図書室や図書館に提供していたが、電子書籍版が公開された。学研プラスのウェブサイト「まんがひみつ文庫」より入手できる。

不正アクセスやマルウェア、ネットバンキングの不正送金など、インターネットにおける脅威のほか、セキュリティ対策やパスワード管理の重要性を解説している。対象は、おもに小学校4年生から6年生としているが、大人向けの入門書としても活用できる。

同書のもくじは以下のとおり。

プロローグ インターネットは便利
第1章 インターネットにひそむ危険
IDって何?
パスワードって何?
第2章 情報は、今も昔も大事なもの
バレやすいパスワードで起こる犯罪
第3章 パソコンに侵入するってどういうこと?
不正アクセス
フィッシング詐欺
ネットバンキングと不正送金
コンピュータウイルス
第4章 情報はガードできる
ウイルス対策ソフト
第5章 国や会社も危ない
ハッカー集団によるサイバー攻撃
第6章 サイバーセキュリティは、大事な仕事
日本を守る組織のいろいろ
若い人材を育成セキュリティ・キャンプ
気をつけようネット上のいじめ

(Security NEXT - 2016/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
「セキュリティ・キャンプ全国大会」、応募締切は5月31日
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始