Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無料脆弱性緩和ツール「EMET 5.5」の日本語版ユーザーガイドが公開

マイクロソフトは、脆弱性緩和ツール「Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)」の最新版となる「同5.5」の日本語版ユーザーガイドを公開した。

同ツールは、メモリ破壊をはじめ、脆弱性を悪用された場合の影響を緩和したり、セキュリティの機能を向上させる無償のソフトウェア。システムや特定アプリに対して対策を講じることも可能。

2月に最新版として「同5.5」の提供を開始しているが、日本語のユーザーガイドについては準備中としていた。現在は、英語版とともに同社ウェブサイトより入手することができる。

「同5.5」では、最新OS「Windows 10」をサポート。信頼されていないフォントをブロックできるほか、「Export Address Table Filtering(EAF)」および強化版である「EAF+」のパフォーマンスを向上させた。

また「同5.5」より以前のバージョンには、同ツールの機能をバイパスされたり、無効化される脆弱性が2月に判明しており、旧バージョンの利用者は注意が必要となっている。

(Security NEXT - 2016/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も