Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

秋葉原でマルウェアの怖さを実感できるイベント

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、サイバーセキュリティの普及啓発活動の一環として、マルウェア感染によるパソコンの乗っ取りなど紹介するイベント「サイバー攻撃を目撃せよ!秋葉原0305」を3月5日に開催する。

政府が展開する「サイバーセキュリティ月間」の関連イベントとして開催するもので、情報処理推進機構(IPA)によるマルウェア感染の実演や、今春よりスタートする国家試験「情報セキュリティマネジメント試験」を紹介。

またJNSAによるキャリアトークやブース展示のほか、参加者へクリアファイルや書き下ろしマンガ冊子のプレゼントなども予定している。会場はベルサール秋葉原1階ホールおよびイベントスペース。

(Security NEXT - 2016/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
総務省、「NOTICE」調査を拡大 - 試行パスワードを約600種類に
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
IPA、若年層向けコンクールの受賞候補作を公開 - 意見募集
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
警視庁、セキュリティ体験イベント開催 - 小嶋真子さん「1日対策本部長」に
「No More Ransom」が3周年 - 犯罪収益1.1億ドルを阻止
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始