Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FortiGate」のOS最新版、ネットワークのセグメント化で攻撃防御

フォーティネットジャパンは、同社アプライアンス製品「FortiGate」の最新OSとなる「FortiOS 5.4」を提供開始した。

新版では、マルウェアが内部ネットワークへ侵入した際に被害の拡大を抑えるため、内部ネットワークをセグメント化する機能を追加。またモバイル端末を狙ったマルウェアに関するサブスクリプションサービスに対応しており、リアルタイムに同社製品へ反映できる。

(Security NEXT - 2016/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
「Interop Tokyo Best of Show Award」が発表 - 受賞セキュリティ製品は?
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
UTMを最大52台まで拡張できる新製品 - チェック・ポイント
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援