Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者5名を発表

情報セキュリティ大学院大学は、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者を発表した。名和利男氏ら5名が選出された。

同賞は、情報セキュリティ分野の発展に寄与した個人を表彰するもので、自治体や企業における情報セキュリティ人材の育成などを目的に、同大が2005年2月に制定したもの。自治体や企業、団体などで情報セキュリティに関し、経営的な視点から先導的役割を果たした個人や、情報セキュリティに関わる学術や法制度の研究、啓発、普及、さらに人材育成などの面で貢献した学識経験者などを表彰している。

今回で12回目を迎え、自薦や他薦、審査委員からの推薦にもとづき、審査委員会が2月3日に決定した。受賞者は、国立情報学研究所教授の越前功氏、藤沢市総務部参事兼IT推進課長の大高利夫氏、サイバーディフェンス研究所専務理事の名和利男氏、政府CIO補佐官の満塩尚史氏、名古屋工業大学大学院教授の渡辺研司氏の5名。

(Security NEXT - 2016/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

若年層セキュコンクールの受賞候補を公開 - 意見を募集
セキュ分野功績者を表彰する「総務大臣奨励賞」が募集開始
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
「Interop Tokyo Best of Show Award」が発表 - 受賞セキュリティ製品は?
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
「JNSA賞」の受賞者を発表 - 特別賞に「nao_sec」
若年層向け啓発コンクールの受賞作品決定 - 応募総数6万点超
「サイバーセキュリティ総務大臣奨励賞」の候補者募集を開始
IPA、若年層向けコンクールの受賞候補作を公開 - 意見募集